わきが手術の前にクリアネオ

なぜ寒くなると臭いがきつくなることがあるの?

わきがは夏のほうが臭うと思われがちですが、寒い冬のほうが臭いがきついわきがになります。

冬のわきがの違いは、まず、汗腺の働きが低下します。それにより、流し去られるはずだった老廃物がたまり、かえって皮膚の自浄作用が低下することになります。冬は、夏と比べて水分を摂取しないことと、空気が乾燥していることで脱水気味になっていることが多く、肌が乾燥することで、汗の量も減り、老廃物が排除できなくなることで、毛穴からたんぱく質を多く含んだ汗が分泌されることで、より濃い臭いの原因が脇の下にたまることになります。

 

冬のわきがの対策方法

対策として、まず新陳代謝をあげることが大切です。新陳代謝をあげることで、身体から水分を多くだして、含まれるたんぱく質を薄くすることが大切です。サウナや温泉などを利用して、日常では、お風呂で良く温まり、水分をこまめにとりながら新陳代謝を高めることで対処することができます。

身体を冷やさないために、温かい飲み物もしくは、常温の飲み物を飲むことが大切です。オフィスなど、乾燥しやすいので、水分補給を行うことが必要です。また、着込むことで、湿気がこもり、ムレの原因となり、臭いがきつくなりますので、脇の下などを蒸らさないようにすることが大切です。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

不健康な生活がわきの臭いの原因に?

私は30代の主婦です。幼稚園に通う5歳の子供がおり、その子供の友達が遊びに来たときの事でした。 『おばちゃん脇臭い・・・』 と子…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る