わきが手術の前にクリアネオ

わきが対策にはアルカリ食品!【その種類と理由は?】

わきがとは、皮膚にあるアポクリン腺から分泌される汗が原因となり、強い臭いを発する人体形質で、個人の属する集団によっては疾患として扱われます。アポクリン腺から出る汗自体は無臭ですが、汗が皮膚に分泌されると皮脂腺から分泌される皮脂とエクリン腺から出る汗と混じり合い、それを皮膚などにいる常在細菌が分解することによって、酸化し臭いが発せられるのです。
つまり、身体が酸化することによって臭いが発しやすくなります。そのため、わきがを予防するために酸性になって身体をアルカリ食品などを摂取することにより、中性にすることによって臭いを防ぐのです。

具体的には?

a0002_004851

アルカリ食品の代表と言えば、梅干しになります。

そのほかには、わかめやこんにゃく、昆布に椎茸、ほうれん草に大豆、緑黄色野菜などが上げられます。逆に、酸性の食品は砂糖や卵、肉類などがあります。

臭いが気になるからと言って、アルカリ食品だけを食べれば良いというわけではなく、身体には酸性の食品も大切になります。

 

わきがを予防するには、酸性の食品を食べたら必ずアルカリ食品も一緒に摂取し、中和を行いバランスよく栄養を摂取することが重要です。また、緑茶などの抗酸化作用や消臭作用は、わきがのイヤな臭いを抑えることが出来ます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

不健康な生活がわきの臭いの原因に?

私は30代の主婦です。幼稚園に通う5歳の子供がおり、その子供の友達が遊びに来たときの事でした。 『おばちゃん脇臭い・・・』 と子…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る